M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

体癖と「悪さ」

「あの人なんなん!?●種(体癖)やからなんちゃうん!?ほんまそういうとこ、嫌やわーーー!(*´з`)」

という会話が身近な方どうしであったのですが(それ自体はべつによくある会話)、体癖って、「性格」と私たちが一般にイメージしているものよりは、その内側の身体欲求の部分を担当していると思うのです。

妙な言い方に聞こえるかも?ですが、その人の性格を浮かび上がらせるもの、というか。その人をそう突き動かしているエネルギーの流れ、というか。

 
「性格」を、「性格」たらしめている身体の癖。そしてその、心理面との関わりも含めたもの。 
着ぐるみクマちゃんʕ•ᴥ•ʔの、外側のクマちゃんじゃなくて、中の人(^ ^)の方(笑)クマちゃんを動かしているものʕ•ᴥ•ʔ(^ ^)。どっちももちろん自分。※演じるって深い。

 

これを名越先生は「性格」「気質」「社会的価値」「感受性」、と表現し、後者が体癖なんだと、何度も何度も何度も説いてくださっているのです。。。

えーー、基礎講座なんてさせて頂いているわたしも、全っっっ然、わかってません(笑)
それでも何かに近づきたくて、分かってないということだけが分かっていて、しつこく学んでいます^^
(「感受性」、ていう言葉、全然掴めてないな、、、探求だ!!)

…そんな見えないものを意識できるようになるなんて、そりゃ世界観が変わってしまって当然よね!!すげー体癖、おもしろーい体癖♪ 

f:id:mnagaoka:20181113224139j:image
(昨日食べたカレー、美味しかった。サラダをサービスしてくださった!!涙)

 

、、、何が言いたいかと言うと、冒頭の話。

 

「体癖」自体に、『悪さ』なんて、何にも無い!!!!

 

のです、やっぱり。きっぱり。
内側の要求、そのもの。ただそれだけ。 

悪さを発露させているものが仮にあるとしたら、それは、何だろう?