M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

立ち止まって区切ること。に、携わること。

学生達にもよく話すけど、キャリアデザイン・ライフデザインの意味で、
自分で人生や日常に「節目」をつけること、立ち止まってじっくり考えることって、当たり前だけどとーっても大切になる。

 

社会人になると、学生時代で言うところの「入学」や「卒業」のような節目って、
異動・転勤・転職・起業、、、みたいな大きめのお仕事の区切りか、
結婚・妊娠・出産、、、あとは身近な人の死だったり大きなライフイベントのどちらかがまず思い浮かぶ。

 

でもなんとなく、もう少し「日常」に近いところで、自分の人生の流れを俯瞰しながら流れに揺蕩いながら

 

少し立ち止まって全体を見よう

少しじっくり、1人になろう。

少しゆっくり、内側を見よう。

 

「自分と対話する(内側に繋がる)」ことができると、

 

人生を創意工夫していく時の足腰が、筋肉のようなものが、しっかり作られていく。

 

わたしがやっていきたいこと、携わりたいなーって思うのはいつもここだなぁ^^
そのための「機会」だったり「場」を作る。

 

そうなるものであればどんなものでも。
(その意味でも、体癖論「を」伝え広げることを目的に、わたしは講座を開いているわけではない。実際^^)

 

自分自身が何度でも立ち止まって、深く深く、もぐってみよう^^

 

--

 

歌とお話を聴きながら、じっくり自分自身と対話する時間!「Talk&Live」第1回のテーマは”START”。

www.m-nagaoka.net

自分で自分の人生を生きる土台作りの人間学、体癖論講座!

www.m-nagaoka.net