M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

ジャッジやめろやブーメランは、自分が痛む。

ジャッジメントの世界から抜けることなんて無いんだし(人間やってる間は)あージャッジしてるな、自分もあなたも。でいいんだと思う。

あいつジャッジしやがって!!それやめろや!!!と怒りにまみれたジャッジのブーメランに巻き取られていた頃よりよっぽど健康的な感じがする。感じ、だけれど。

 

人間の「怒り」の多くに、このジャッジメントが関わっていることを、嫌という程感じてきた。自分のこともしかり、講座の参加者さんしかり、周囲の関わる人が、増えれば増えるほどに。

 

んで、心理学だのなんのかんのをやり始めると、ジャッジメントさんは、結構、嫌われ者になる。

神経症になってくると、上に書いた「てめえ、そうやって人のことジャッジしまくってんなよバーロー!」て言って、ジャッジする人をマウントするという現象も起きる。自戒を込めて書いてるけど、周りでもめっちゃ起きるこれ。

 

ほいで、だ。

その「ジャッジするやつ=悪」。それ、ジャッジメント。だもんね。

 

---

 

人を、物事を、価値観を判断することは、人間という生き物をやってる限りはただただ「起き」続ける。当たり前に。毎日。毎瞬。

 

「あぁ、今日もジャッジが起きてるなぁ、そこここで。あなたにも。わたしにも。」

 

このフラットな「観察」の意識の方には、実はジャッジが無いのかも。よ。

そっちの自分も常に同時に内側に存在している。。。人間って面白い!

 

そうそう!面白くないとねー😘✨