M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

休めるようになった話

今日は1日一歩も外に出ず、ずーっと講座の準備をして、あいまにゲームして漫画よんでごろごろして(笑)またどっぷり講座準備して。いい1日だった~

f:id:mnagaoka:20191104233047j:image(部屋からの景色がよすぎて、居心地も良すぎて、このままここに居続けたくなる・・・。)

 

…とか書いてるけど、つい数か月前まで私、「1日家に居られません症候群」だったんですよね(笑) 周囲の人もたいてい、長岡さん=家にいない人、動きまくって忙しすぎる人、ていうイメージのはず。

 

どうしてたかって言うと、
・予定をぎゅーぎゅーに詰めまくるのは大前提、
・予定が無くてもカフェに行って、仕事か勉強する
・くたくたになって帰宅、倒れこむように寝る。

 

とにかく、休めない。止まれない。

 

この繰り返し。
※実質、中学生くらいからこの感覚が続いてたから、20年ちょっとこれで生きてきたことになる(ひー)

 

家にいるとどうなるかと言うと、何もしてない…何も生みだしてない…自分はダメだ…!!って内心焦ってくる感じがねぇ・・・つらたん。だったわけです。

 

だから例えば、去年の秋に大型台風がきて一日家に居るしかなかった日なんて、悲惨だった。気持ち的に。外は荒れ狂ってるが内面も荒む。自分はだめだーってね。
(それ気圧のせいです、とかお天気のせいにするの流行ってるけど、私はそれじゃ慰められなかった笑。いや環境因子を自覚するのはもちろん大事だが、別問題。笑)

f:id:mnagaoka:20191104233129j:image(甲山とニテコ池。わがまち西宮。)

 

実際はそれ、「家に居るのがつらい」「休むのが嫌だ」というのでは勿論なくて、

「自分が自分らしく居られていないから、つらい」だったのですねー。

「自分」にリラックスできてない感じ。
「日常」に、寛いでいられてない感じ。


その自分を見るのが嫌で、忙しくして、外に出て、仕事や勉強という名の作業にまみれることで、見ないようにしてたんだな。

 

…「作業」に没頭して紛らわしてるだけだったと気づいた時はもー、愕然とした。。

家に居る居ないは別として、
こういう「感覚」の人って、ちらほら居るんじゃないのかなー?

LDM(ライフデザインメソッド)の講座でこの「休めない人」のパターンが取り上げられて、私の休めなさっぷりにメンバー皆さんドン引きで(笑)、わたしも衝撃で(笑)、「来月はとにかく休みます!!」宣言して手帳に「休む」って自分で予定化したもんなぁ・・・←笑

 

今やどんだけ休むねん(笑)ってくらい、のんびり過ごしている。よい。

色々やってきたので一概には言えないけど、この変化に関してはやっぱりLDMのおかげとしか言いようが無い。「自分らしく生きる=自分に寛いで生きる」メソッドだから。

何が必要か?が講座で痛いほど分かって、ちょうどその直後にメンバーの尚子さんのセッション受けたのも大きかったな~。これは私個人的にとても大事な過程だった。必要なことが、必要なタイミングで起こる^^起こっていることに自覚になれる。それもまたLDMのおかげかな。

 

私のライフデザイン講座でも、このへんのことももちろん扱っていくー^^
だいぶ形が見えてきた。体癖論をいかせる私ならではの、ライフデザイン論。もうちょっと!

www.m-nagaoka.net