M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

子どもってある意味、勝手に傷つくのよね。【読む声ブログ】

youtu.be

声ブログはYoutube又はnoteから!

 

【読む・声ブログ】

 

父の初盆などなどで、
今日は実家に帰ってましたー♪

私、ほんまにおかんが好きすぎるので
実家にいるとずーーーっと母上と喋ってます(笑)
人生の大切なことは本当に、
母が昔から教えてくれていたなぁ、など。

おかん話は、また(笑)

実家に帰ったりすると
子ども時代のことを思い出したりしますよねー。

私が、心のことを本気で探究しようと思ったことの一つに、子ども時代の「葛藤」がその背景に大きくあります。
(ものごころついた時から、
 世界はすっかり、灰色だった…。)

私は、何をどう振り返っても、本当に
「ややこしい」「神経質な」子どもだった(笑)

…が!

それって、
・DVを受けたとか
(※両親ともめっちゃ優しいです)
・ネグレクトだったとか
(※母の子育てほんますげぇ)

そういった、成育歴的なこと、
「環境」が、めっちゃ問題だった!!!!
というわけでは、無いのですよね。

関係ありません、
という意味ではなくって、
相対的な環境的背景と、広義なトラウマ反応の有無(など、その他、悩みやすい人に育つかどうか)って、
完全に個別絶対的なことである。

つまり、「人によるw」。

子どもって、勝手に傷ついて、
勝手にすくすく成長してゆくのですよね。。。

長岡の「心の話」は、だからこそ

・気にしぃ とか
・過剰適応 とか
・自意識過剰 とかとか…
・自己否定 とか
・自信が無い とか
・器用貧乏 とか

とか、とか、とか(笑)
ある意味で”平たい”、
誰もが陥りやすい葛藤やモヤモヤ、

とっても扱いやすい感じがしているんですよねー。

写真は今日のランチ♡
近所の喫茶店☕️

すっかり小麦粉アレルギー気味で、
このうまそげ〜なパン🍞は
兄の腹の中へ…(くそー