M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

応援されやすい人、されにくい人

応援されやすい人、されにくい人【声ブログ】(5:34)

 

勝手に私、人を見る目があるー♪と思い込んでいるのですが(笑)…見る目が無いって思うよりあるって思う方が、、いいやん?(笑)っていうのとw、

実際まわりに良い人、すっげぇぇぇ人が多いので、ほんま私、見る目あるわー(笑)と自画自賛しているのでござんすがw

で、1人で仕事をしていたり色んなことにトライしていくたびに、そういったすんばらしき周囲の方々から、”応援”してもらう機会が、日々たくさんあって。(自分の調子が悪い時は、応援を受け取れなかったり、応援に気づけなかったりもする^^)

ということで今日は、

応援されやすい人・されにくい人
応援されやすい時・されにくい時
されやすいところ・されにくいところ

の違いって何だろう?ってなことを考えてみた。

まず思いつくのは、応援され”にくい”時って…うーん…

・・謙虚じゃないっすよねw

なんか無意識に、、、えばってる時(笑)


逆に、応援されやすい時(人)って「ここはできる・ここは全然できない!」などが、ただただ「分かっている」トータルな自己理解

こういう人(こういう時)って、
外から見ると謙虚に”見える”んだと思うんですよね。

例えばなにかものづくりを始めた人が、
「ここはこんなふうにうまくできた!」
「ここはほんとはもっと綺麗に仕上げたい…!くぅ…!」
「でも、今はこれがベスト!(にっこり)」

こういうのって、まわりからは謙虚に見えますよね^^
それも、心地よい感じの。

これに自己否定がくっついている人ってどうだろ。
「わたしの作ったものなんて良いとこ1つもないし」
「いじいじ」「うじうじ」
「(でもほんま褒めてや頑張ってんねん!!怒)」

…とか。めんどくさい(笑)

あ、そう思うと謙虚というか、「素直」な感じかぁ!^ ^

そういう気持ちのいいあり方には、
自然と人の関心や視線が集まったり、応援もされやすい

人と人とが関わり合って生きて行く中で、決してちやほやとした応援が無いといけないわけではないけれど、自分が他者から手を差し伸べられにくくなっている時はきっと、自分が自分と向き合う時なんだと思う。

これがこじれていくと
①虚勢をはる(全部できてるし!寄るな触るな!)
②応援されるために、謙虚にしとこ…(信用経済!)

とかかなぁ(笑)

②とかもーーほんとにややこしい(笑)応援されるために、お金集めのために、人の心をコントロールしてやろうみたいなそれ(笑)そんなん、もーーーー!ずぇったい!!!!バレてますよね周囲に!!!!


こういうシーンに出くわすと、
人の心ナメちゃいかん、とほんま思う(笑)

心理学みたいなものを取ってつけたように勉強しなくたって、そんなん、ずぇぇぇぇぇったい!!!

・・・漏れてまっせー٩( 'ω' )وデデデ

・・・と(笑)

自戒を込めて、何か人から手をさしのべられづらくなっている時は、自分が自ら閉じている時。

真っすぐそれに向かって頑張れている?
誰よりも自分が自分に嘘をついていない??

自分の心を要チェック。

ものごとには+があれば-のところもある。
全部が+で完璧、じゃなくて、あれもこれもあって、「ただ、そう。」

ですよね!

今日は、応援されやすい人ってこういう人!というお話でしたー♪