M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

運命のお仕事王子様☆の呪縛

運命のお仕事王子様☆の呪縛【声ブログ】(6:05)

 

昨日が仕事始め!4時間講座。
いやぁ…いい時間だったーーーー^^(ため息)

 

”先生”が”生徒”に、”知識”を”教える”ということというよりは、
人間仲間さんwと時間を共にしながら、いろんなものの見方を体験してもらって、体験ができるような時間空間づくりを丁寧にやってきて。そうすると受講生さん1人1人が、それぞれに自然と開いていくというか。自由に(勝手に)何かを得て、手放して、気楽さを選び…。結果的に、「人ってこんなに変わるんやなぁー・・!」と。

それを見させてもらえるのが、単純に嬉しい!し、おもろい( *´艸`)。
んで感動しますね。やっぱりね。

 

 

こういう講座とかやってると、仕事の相談、とくに「人生において何やってくか?問題」ってたくさん扱うんですけど、その中で

仕事は
「1つだけ」がいい
「1こだけ」じゃないといけない!
妄想

に(無意識に)苛まれているケースって、結構多いな~と^^

 

生涯で「たった一つの運命の仕事」に出会いたい
って願望って、多くの人にありますよね^^
それ自体はよき♡こと。

 

ただ、
世界のどこかに、私にぴったり♡の職業名が転がっていて、
それに出会いさえすれば、幸せになれる。

ないしは
まだそれに出会えていないから
私は不十分である。

(ex,あなたの運命の仕事はコレです!と誰かに言いあてられたい感じ。それに気づきさえすれば今の苦しみから逃れられる!みたいな感じ・・・)


・・・これって、

「世界のどこかに、たった1人、運命でぴったりでカンペキな白馬の王子様が私を待ってるの…!!!♡」…っていうのと同じ具合の妄想だと思うんですね。(ゴメンチャイ笑)

実際、冷静に考えて、自分で自分の「ぴったり」をつくり続けていく以外に方法って無いですもんね^^


社会背景もありますよね。現代の日本のボリュームゾーンの価値観が「一つの組織で一つの仕事を長くやり続けることがいい(というか、フツウ)」で、(もう実際は崩れているにも関わらず)なんとな~くの共通認識、集合的無意識だったりするし。

(学生を見てても、まずは親のものの見方をトレースするから、家庭によっちゃその色眼鏡とネットやリアルな肌感覚から感じる現実とのギャップに苦しむ子もいる。)

 

転職が叩かれない、副業や複業が盛んな社会に”なってきた”から云々、ということではなくて、そもそも人間って、毎日どんどん変化していきますしね。同じことをやっているようでも、誰だってどんどん慣れるし、能力は上がるし、全く同じにはできないし。変えていくし、変わっていくし。仕事への関わり方もいろんな角度があるし。

 

一度に1つしかだめ!みたい無意識の縛りも、
ほんといらない^^

(個人事業主や経営者陣はそういうのあんまり無いですけど、とはいえ基本的に日本人って職人的専門性への憧れ強い文化ですからね☆)

 

なぜか仕事のこととなると、
たった一つの何か!を求めてしまいがちな人は
とりあえず色々あっていいよな、と思ってみる。

 

趣味なんて何個あっても良いし、親友だって何人いても良いし、好きな人だって男も女も何人いても別にいいじゃないすか('ω')☆

 

一度に色々トライしてみていいし、
1つ1つ色々やってみては
どんどんやめてもいいし変えてもいい。

 

そうしてあれこれ手を出してみて、ふと振り返った時に
他者評価どうあれ、自分にとっての自分だけの筋道が立ち現れてしまうもの。それが1本道でもいいし、1本じゃなくてもいい。

そういう自由さから
お仕事もつくっていきたいですね~(^ ^)/