M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

4つのエリア「青(Seek)」ライブ配信まとめ!

【シンクロ倶楽部】ライブ配信まとめ  -  4つのエリア 第3回「青(Seek)」

f:id:mnagaoka:20190504164719j:plain


堀内さんがオンラインサロン(ていうのかな?)「シンクロ倶楽部」で4つのエリアの青(Seek/探求)の解説をしてくださいましたよー。配信はメンバー限定ですけど、シェア大歓迎!ってことで、ブログでまとめちゃいまーす。

これ、図を見ればなんとなーく分かってしまうと思うのですけど、自分が4色のどれを一番強く持っているか?で、自分の居場所や、得意なお金の生み出し方が違ってくる!というもの。(みんな、4色とも持っている。バランスの違い^^)
 

で、今日の解説は青。以前、図がシェアされた時にそっこーで「あー私は青だなー」と思っていたので、今日のライブ配信は超!楽しみにしてましたー。てことで、ざっくりまとめ。

(※いきなりこのページだけ読んでもなんとなく理解できると思うので、お?と思った方は下まで読んでみてくださいねー!)

 

【青の気質】

探求大好き。仕組み、構造を把握したい、、ひいては真理に到達したい!が一番のエネルギーの欲求。

・なので、プロセス大事すぎ。足腰重い感じ。発信とかもいちいち重い(笑)

・「結果」とかどうでも良い感じ。「その結果何につながったの?いくらになったの?」みたいなことに大して関心が無い。探求のプロセスそのものが楽しいという感性。

・超マニアックな人を集めやすい。そういう意味では、ビジネスの場合は <少人数×高額> の方が良い。

・真理を解き明かして、この到達した真理を届けたい…! → 「それ、万人受けはしないよー(笑)」ってことを、分かっておくと良い☆

 

【他のタイプとの関係性】

・緑(Create)のように「世界観」はあまり無い感じ。緑などが作った既にあるものを深く深く探求し、場合によっては作った本人より深い所に到達してしまうのが青。なので緑にあこがれやすい面も。

・今の時代は軽やかに、手軽に、楽しく!という風潮が強いので、人が集まりやすい赤(Support)や黄色(Imagine)に嫉妬しやすい面も。

・なので、世界観で人を魅了する緑や、楽しくワイワイ集まっている赤や黄色の世界を見て、いちいち心をザワつかせないこと!青は孤独な人達。濃い部屋、濃い空間を作って行こう、という方向性。

・軽やかな赤とかと一緒に組んでビジネスした方が良い。

・青が他者と触れる際は、青をゆるめた方がbetter。ほかの色を使う感じ。

 

【発信に関して】

・全部把握していないと発信しちゃダメ!という謎の深~い信念あり。なので発信するものはだいたい、重い(笑)

・発信の際は、赤や黄色を使ってうすーく軽やかに発信できるかがカギ。( ← 広めたい時にはそこが大事になってくる。)

 

【ビジネス・お金を生み出す時には】

「①万人向け」なのか「②コアな相手(※必然的に少人数)向け」かを、分けて考える!

・「①万人向け」の場合は、軽さが大事。「私に会いにおいで(黄)!」みたいな。「ここ楽しいよ~(赤)!」みたいな。(※青の人に人が集まっている場合、本人の青(探求の深さ)に魅かれているとは限らない。ほとんどの場合、「あの人面白い!」。なので「ド本命をドーーン!」と出すと、引かれる。時もある。笑)

・「②コアな相手」は本質が分かる人。その人には「ここでしか話さない」大本命を。青本来の濃いエネルギーをここに注ぎ込む!(ex,年に1人:200万円 とかでも◎。少人数・高額になりやすい。青は人数じゃない。)

・ここでいかに「高みを渡せるか?」「濃いものを、本物だと感じる人に渡せるか?」が超重要!!

・②の本命向けサービスを、持っておく(作ってみる)だけでもエネルギーを注げて楽になる。そして、それを渡す相手をちゃんと選ぶこと。(例:堀内さんの中で、シンクロニシティ・マスター養成講座 入門編はそれ。)

・「万人には伝わらないものだ」「この自分が到達した真理に誰もついて来れなくて良い」「これを本当の本質的な所で受け取ってもらえる人なんていない」と思った方が良い。(そうしないと、伝えなきゃ…伝わらない…浅い所で渡してしまっている…クライアントさんが本質に到達していない…と、妙に葛藤する。)

・それより、「私がとにかく(この探求が)楽しいんだ!」が大事。

・30代までは記憶や暗記が得意で、30代以降に「組み合わせ」が得意になる。「あ、あの真理とこの真理がこう繋がって…こう組み合わせられるのか!!!」みたいな発見ができる。それまでは青自身も「自分は何をやっているんだろう?」という面も。(←遅咲きとも言う?)

・✖「教える」「鍛える」 → 〇 「質問を受けて答える(Googleや辞書的な)役割」が良い。

 

【アウトプット物について(ex,資料・カリキュラム)】

自分で作らないこと!(盛り盛り・超難しい言葉遣い・重い、重い、重い・・・分かりにくい!! ← 自分で真理を伝えようとすると、意図せず、そうなる。)

・参加者さんに聞きながら、質問に答えながら作ると良い。会話をしながら、相手の知りたい順番で資料を作る感じ。(× 伝えたい順番)

 

---

 

こんな感じでしたー!ほーら、青の私が書くから、盛り盛り~(笑)
参考になったら嬉しいですー

最近ちょうど、ビジネス下手な私が、自分の講座どうしよーーーと悶々としていたので、とーってもタイムリーで「あ!こうして行こう☆」がクリアになりましたー(^^)/
わたし、それこそ性格分類(タイプ論)を探求してるので、自分の気質はとーーっても、ある意味ではよく分かってはいたんですね。でも、特にビジネス面でどうしたら良いかが本当に全くもって分からなかった。。。ので、とーっても、救われましたー。

さすが堀内さん!すごい!!そしてこれを美しくまとめられる探求心まるだしの私、最高に素晴らしい☆
ありがとうございましたー☆

 

---

 

さあここまで読んだアナタ!の中の、私の普段のブログ読者皆さま!!の中の、体癖やってる方!!!(少ない。笑)なら、もうお分かりですよね??

青(Seek)=9種体癖 そのもの です(笑)

たぶんですねー緑が5種や7種、青は1種も入るかなー。黄色は3種4種、赤は色々入りますねー。

 

体癖をいかしてビジネスにつなげるあたりって、色んな人が興味ありそー。また体癖講座でもそんな話もしていきましょー(^^)/