M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

4つのエレメント「赤(Support)」ライブ配信まとめ!

堀内さん主催・シンクロ倶楽部で開発中!?の「4つのエレメント(仮称)」。

先日の黄色に続いて、今回は「赤(Support)」まとめましたー!

 

f:id:mnagaoka:20190527204132j:plain

 *「4つのエレメント(名称仮)」とは?
人が持っている4つの要素・成分のことで、人1人が4つ全ての要素を持っています。例えば一緒にいる相手や、関わる人との関係性の中で、どの色を使っているか?が浮かび上がってきますよ!(いわゆる「タイプ診断」(私は青!オレは黄色!みたいな)ではありませんー^^)
堀内さんが原案を出してくださいましたが、まだ理論として完成したものではなく、倶楽部メンバーで色んな考え方(ホロスコープ、一霊四魂などなど…)とあれこれ照らし合わせたりしながら、鋭意、ブラッシュアップ中・開発中のものです(^^)/
ということで、今回から名称も「4つのエレメント(仮)」に、図も最新版にバージョンUPしていますー

 

--

 

さて、今回の「赤(Support)」まとめです!

※4/21のライブ配信を元にまとめていますので、倶楽部メンバーの方で動画をもう一度見たい!方は、Facebookグループ内の「動画」で探してみてくださいね^^

 

【赤の質】

 ・自分自身の「ハートのときめき」が鍵!とにかく大事!

・中心にあるのは「どれだけ、対象にときめいたか!」。内側の情熱・ハートで語る感じ。【ときめき、情熱、ハート、想い】を扱う。

・愛されるより、愛したい!質。 ex, 気に入ったもの・人を「すごく良いのーー!」と紹介する感じ。大好きになった分野の資格を取って、どんどん活かしちゃう・広げちゃう、みたいなのも赤の質。

純粋な「ときめき」や「想い」を共有できると、受け手は「いいな!(超いいね!♡)」となる。自分の中の「超いいね!」の部分を語っていって、相手もときめかせてしまう感じ。

理由のない「好き」。そこに自分の世界観とかはとくに無い。

・暑苦しい感情や炎のような感覚というより、「萌え~♡」に近い感じ。

・使っているチャクラは真ん中。ハートのバイブレーションがポイント。

愛がゆえの「怒り」は活かして良い。 ex, クライアントさんに対して「あなたは本来、そんなもんじゃない!目を覚まして!!」とか。ハートで怒れば相手が覚醒することも。

・愛したい対象が無かったり、それを伝える・手渡す相手がいないとフラストレーションが溜まる。身の回りをときめく物で満たす

 

【赤が使えなくなる時】

理屈っぽくなると、ハートが閉じてズレてしまう。説得する感じになる。 ex.「このような成分で、こういった効果で、価格以上の価値がございます!」とか。なので、競合他社の分析とかも、しなくて良い。

・純粋なエネルギーでないと、人に押し付けたり、身内感が出たりする(息子自慢をする部長的な)ので注意。

義務感(これ売らなきゃ…)や打算(こうしたら高く売れるし…)で、好きでもないものを無理に紹介したりすると、ハートが死んでしまう。自分をごまかさないこと!

欠乏感寂しさが強いと、人に尽くしすぎて余計なお世話をしてしまう。ちゃんと愛したい対象を愛せていない時にそうなりがち。自分をちゃんと愛して、寂しさを満たすことも大切!

心配が強くなるのもNG。好きだな、愛しているな、繋がっているな、と、見えないものを信頼できているかどうか。

・相手ありきだったり、奉仕精神の強さから感情に蓋をしがち。日頃から、自分の感情を素直に出しておくこと(ex,ブラックな本音をノートに書く、毒吐き時間を取るなど)。そうでないと愛が暴走したり、バランスを崩してうまく愛を出せなくなってしまう。

 

【ビジネス面】

・自分を売るより、ティーアップが得意。人のこと(ときめいた対象のこと)は語れるけど、自分のアピールは苦手

・イベント主催やセミナーをする場合は自分の好きなもの、コレクション、応援したいもの、大好きな世界観を扱うと良い。「私、コレ大好きなの!みんな見て見て!」みたいな。

販売したり広げたりする場合、赤の質を使えると良い!   ※今の世の中、「良いもの」で溢れている。では、何をもって選ぶか?というと、間にいる紹介者・繋げる人との間で「ハートが共振したもの」を選ぶ。

・その意味で、今のSNS・動画の時代は赤が使えると強い!アウトプットに赤をどんどん使いましょー!

ハートを使って発信する! ※理論を説明せねば…自分について語らないと…と頭が動き出すと、ハートが閉じてしまう。それより、「楽しいから、おいでよ!」という軽やかな感じで。

キュンキュンしているポイントをピンポイントに扱って発信すると、エネルギーが湧いてくるし、それをイメージできる人(お客さん)が来る。

数値目標 < ハートの喜び 。ハートの交流でビジネスをしている感じ。

・同じ赤の質と言え、人によって「ときめきポイント」は違う。興味の無い分野は扱えないし売れないので、あくまで自分の「いいなと思う」「想いの乗る」「ときめき」を大事に!

・奉仕精神の強さゆえ、クライアントのケアに行き過ぎるとエネルギーが散らばったり、疲れてしまうので注意。「できること全部」ではなく、「きゅんと来るところをピンポイント」に扱う!

・プロフィールには「愛しているもの」を並べると良い。自分の説明は苦手だったり、自分のことを頑張って書くと暑苦しくなる。

 

【赤と他の色】

・赤の質が少ない・苦手な人(ex,青が強い人など)は、赤の人と組んで、代わりに語ってもらうと良い。

・人とコラボしたり、協力するのが得意な色。

 

---

 

以上ですー^^
動画では、里夏さんのとーーーってもリアルで具体的な(素敵な☆)体験談がたくさん聞けますので、メンバーさんは動画も合わせて楽しんでくださいねー。

 

赤の質に注目したビジネス論って、確かになかなか無さそう!これから&日本人には特に必要なところかもー!ってことで、わたしももっと使えるようになりたいなー^^

まぁでも無理はせず、、、赤の成分多めな方々に助けてもらおーっと(笑)

次のシンクロ倶楽部は「緑」ですよねー、楽しみ!

 

なんかそのうち全体像みたいなのもいるのかなー。

 

おわり