M.nagaoka’s notes

~ よく生き、よく歌う ~

痛み

自分の選んで進んできた道が

間違っていたのではないかと

とてもとても、悲しい。

 

こういうとき、自分を他人のように眺めると、驚くほどするりと、そうではないよーとかける言葉が降ってくる。

 

本当に、間違いなんて何一つこの世に存在しないのだ。ただただ、起きることが起きているだけ。生きているだけ。「あなた」は何も間違ってはいない。

 

でも、同時に、凝り固まった「わたし」が、私自身を守れなかったという現象も、ただただ起きている。とも言える。

 

もう限界だというサインは1年も前に来ていた。そこには、なんとも言い表しようのない「嫌悪」と「惨めさ」と「屈辱」と「哀しみ」とがあった。何より自分を大事に扱えないその状況に、身体中が(もちろん、心含む)全力で悲鳴をあげていた。シンプルに言うと、すごくその状況に、怒っていた。逃げろ、とも。

 

もっというと、もう少し前に、あぁ、いつかこういう日が来ると十分に予感していた。

本当に分からず屋のわたしに、身体からの非常事態宣言。人相が変わるほど顔を腫れさせて、それでもなお身動きが取れずにいる私。周りの人から「止まりなさい」と全力で止めてもらうまで、自分で自分を殴り続けたようなもの。

「頑なさ」「恐怖」。あ、そうだねー、怖かった。何を選ぶのも。

 

あー、痛かった。

 

あー、辛かったねーと、

他人事のように今やっと思えるから、わたしはもう、大丈夫だ!

 

 

自分の過去を証明するために、今の自分に嘘をついてはならない。

ただただシンプルに、軽やかに自分を生きよ。まっすぐに、健康的に、ついでにちょっと、おもしろく^ ^

 

いつか、もう少し先に、この経験すら活かせる時が必ず来る。まだかさぶたの傷だらけなので、しばし寝かせよう(笑)